年下の男と出会う
スポンサードリンク

JALが国内7空港から撤退

JAL(日本航空)は経営再建を加速させるため、静岡や松本、神戸など国内の7空港から撤退する方針であることが、16日明らかにされた。

JAL(日本航空)は赤字路線をすべて廃止する考えで、これらの空港を利用する運航便がなくなるため、撤退を決めた。


世界のエアライナーシリーズ「鹿児島空港」 [DVD]
日本航空関連品はこちら


 撤退するのは、札幌丘珠、奥尻、静岡、松本、神戸、広島西、粟国(沖縄県)の各空港である。



しかし、地方空港の経営は厳しいところが多く、JAL(日本航空)の路線廃止・撤退は、着陸料などの収入面で大きな痛手となる。

JAL(日本航空)撤退による、地元経済への影響も大きく、各地でJAL(日本航空)を引き留める動きが強まるようだ。 

JAL再建案

 日本航空(JAL)が策定中の経営改善計画について、国土交通省は15日、外部の意見を聞く有識者会議(座長・杉山武彦一橋大学長)の第2回会合を開いた。


日本航空(JAL)は、11年度までの3年間に、グループで約6800人の人員を削減することや国際線20〜30路線を廃止・減便することなどを柱とした計画案の概要を説明した。

委員は計画の方向性を評価しつつも、実現可能性を検証するため一層の具体化を求めた。

1/200 日本航空 ボーイング737-800


 計画案によると、削減人員は、08年度末で約4万7000人のグループ人員の約15%に当たる。早期退職も募集する。

人件費を含めた営業費用削減は08年度比で3割近く(約5000億円)に上り、09年度だけで1800億円を見込んでいる。

 運航路線の整理は、国際線を中心に大規模に実施する。

たとえば、成田−サンパウロ(ブラジル)線をはじめ、11年度までに国際線20〜30路線を廃止・減便する方針だ。

日本航空(JAL)は会合の中で「赤字路線は国内外とも全部やめる」と表明している。

激動!JALvsANA

★大規模な改革案が提出されたが、街頭でパンフレットを配るパフォーマンスだけでは、改革の推進は難しいと思う。
過去のしがらみを断ち切ることができるかが、改革成功のポイントであると思う。

両替レート

海外旅行に行くときには、円と現地通貨を両替しなければなりません。

その時に気になるのが交換レートです。

最近は円がドルに対して100円を切る水準で推移しているので、海外旅行の航空運賃や買い物には有利です。

▼旅するときはこまめにメモをすると後で便利です。
イタリア発祥の手帳の老舗モレスキンの旅手帳モレスキン MOLESKINE シティーノートブック東京 TOKYO


人民元を成田空港と現地で交換するときの交換レートを比較してみました。

■成田空港の交換レートです。【2009年7月18日】

 1人民元は15.53円です。つまり1万円で644.0人民元です。

両替レート

■上海国際飯店(宿泊先)で両替しました。【2008年7月21日】
 中国銀行で両替したことになります。

 1万円で699.8人民元の手取りでした。

 ★成田空港に比べ55.8人民元、手取りが多くなります。
上海国際飯店

■現地上海で両替をしたほうが得ですが、上海についてすぐ、仕事をしたり、すぐ移動する場合には、そこそこの人民元が必要です。
ケースバイケースで両替してください。


場所日本円人民元
成田空港1万円644.0人民元
上海国際飯店1万円699.8人民元


モレスキン各種はこちら
▽商品名・地名やホテル名などで検索して下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。