年下の男と出会う
スポンサードリンク

JALが国内7空港から撤退

JAL(日本航空)は経営再建を加速させるため、静岡や松本、神戸など国内の7空港から撤退する方針であることが、16日明らかにされた。

JAL(日本航空)は赤字路線をすべて廃止する考えで、これらの空港を利用する運航便がなくなるため、撤退を決めた。


世界のエアライナーシリーズ「鹿児島空港」 [DVD]
日本航空関連品はこちら


 撤退するのは、札幌丘珠、奥尻、静岡、松本、神戸、広島西、粟国(沖縄県)の各空港である。



しかし、地方空港の経営は厳しいところが多く、JAL(日本航空)の路線廃止・撤退は、着陸料などの収入面で大きな痛手となる。

JAL(日本航空)撤退による、地元経済への影響も大きく、各地でJAL(日本航空)を引き留める動きが強まるようだ。 
▽商品名・地名やホテル名などで検索して下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。